乾燥肌でお悩みのあなたへ!クレンジングはどれがいい?

 

刺激が強すぎない

 

乾燥肌はクレンジング後にひりひりしたり、お肌が荒れてしまうことがあります。

 

そのため、低刺激なクレンジングがおすすめです。

 

【タイプ別の強度】

 

オイル〉リキッド〉ジェル〉クリーム〉ミルク
※オイルが最も強い

 

以上のことから、乾燥肌のあなたは”ジェル・クリーム・ミルクタイプ”がおすすめです。

 

余計な添加物が含まれない

 

脂性肌・ニキビ肌・敏感肌・乾燥肌、どんな肌質だとしても、着色料、合成香料、鉱物油、エタノールなどの余計な添加物が含まれていないクレンジングがおすすめ。

 

※特に合成界面活性剤入りのクレンジングジェルなど

 

W洗顔不要!

 

  • メイク落としで1回(※油汚れ)
  • 洗顔で1回(※水性の汚れ)

 

とW洗顔は日本人だけ?の独特の文化のようです。

 

ですが、ハッキリいって面倒ですよね(汗)

 

そのため、W洗顔不要のものをおすすめします。

 

 

以上3つのポイントを中心におすすめのクレンジングをご紹介します!

 

 

薄いお肌向けのおすすめクレンジングランキング

 

マナラホット クレンジングゲル

 

ホットクレンジングゲル

 

  • 返金保証:45日間返金保証あり
  • 内容量:200g/2か月分

  • 初回限定:2,990円
  • 通常価格:4,104円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

【マナラ 公式サイト】

 

マナラホットクレンジングゲルは
着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラペン、紫外線吸収剤などが含まれない無添加のクレンジングジェルです。

 

返金保証付き&200g2か月分と容量が多いため、コスパもGOOD◎

 

 

デメリットは?

 

2本で送料無料。

 

1本で送料630円と、2本まとめて売りたい戦略のようです(汗)

 

 

【マナラホット 公式サイト】
→https://www.manara.jp

 

 

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

 

美容液クレンジング【リ・ダーマラボ】

 

  • 返金保証:14日以内金保証あり
  • 内容量:150g/2か月分
  • 初回限定:3,076円
  • 通常価格:5,696円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

※初めての方限定!今ならもう1本プレゼント中!

 

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは極小こんにゃくスクラブ配合!
毛穴のよごれをしっかり除去します。

 

また、着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラペン、紫外線吸収剤などが含まれいません。

 

デメリットは?

 

通常価格がやや、お高め

 

 

【リ・ダーマラボ 公式サイト】
→http://re-dermalab.jp/

 

 

DUOザクレンジングバーム

 

 

  • 返金保証:20日以内
  • 内容量:90g(※1か月分)

  • 定期:1,800円
  • 通常:3,600円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

モンドセレクション6年連続受賞、売上個数250万個!突破のDUOザクレンジング

 

クレンジング、洗顔、角質ケア、マッサージケア、トリートメントの5つのケアを、これ一つでできるため、ラクチンです

 

 

デメリットは?

 

公式サイトではまつエクはNGとしています。

 

※ただ、まつエクの”色”によると思いますが・・・

 

 

 

 

フィトリフト ホットクレンジングジェル

 

 

  • 返金保証:10日以内
  • 内容量:200g(※60日分分)

  • 定期:2,980円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

フィトリフト ホットクレンジングジェルは
メイク落とし・洗顔・ホットーマッサージ・保湿ケア・毛穴ケアと1つで5つの機能と多機能です。

 

 

 

オルビス:クレンジングリキッド

 

クレンジングリキッド

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:150mL

  • 1440円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

無油分、無香料、無着色、アルコールフリー、弱酸性でお肌に優しいオルビスのクレンジングリキッド

 

1500円以下で値段が安く、またメイクがするする〜落ちる♪

 

べたつかない、お風呂で(!)濡れた手でも使える!

 

と気軽に試せるクレンジングリキッドです。

 

デメリットは?

 

返金保証がない点です。

 

※安いので仕方がない面も・・・

 

 

【公式サイト】
→http://www.orbis.co.jp

 

 

クレンジングの基礎を学ぶ

 

クレンジングを解説する人

 

メイクは洗顔料では落とせないものであり、しっかりと落とさなければ肌トラブルにも発展してしまいます。洗顔前にはまずクレンジングを行うことになりますが、このクレンジングにも種類があるので、自分に合った種類を選ぶ必要があります。

 

オイルクレンジングのメリット・デメリット

 

最近メイク落としに多く出回っているのがオイルクレンジングです。最近はクレンジング製品の中でもかなり主流になっています。そんなオイルクレンジングのメリットに、メイクを落とす力がすごく強いということがあげられます。ファンデーションなどの主な原料は油分です。そんな油分を落とすには、同じように油分をなじませることで落ちやすくなります。多くの人が、アイメイクを重ね塗りしたり重ね付けをしています。そんなしっかりつけているメイクも、オイルクレンジングですぐに落とすことができます。

 

ではオイルクレンジングのデメリットですが、さきほどメリットではよくメイクが落ちるといいました。でもこれはデメリットでもあります。オイルクレンジングはメイクを落とす力が非常に強いですが、そのほかのもの必要な顔の油分も一緒に落としてしまうというデメリットがあります。人によっては、アトピーが起こってしまったり湿疹が出てきたりします。そのため、自分の肌に合うオイルクレンジングを探すことが大事になります。

 

オイルクレンジングは多くの人が当たり前のように使っていますが、メリットやデメリットがあります。きちんと理解をした上で使うことが大事になります

 

 

クレンジングクリームのメリット・デメリット

 

クレンジングアイテムの中でも、デリケート肌の人も安心して利用することができるのがクレンジングクリームです。拭きとりタイプや洗い流しタイプなど種類はあるのですが、いずれにしてもオイルクレンジングと違って油分が少ないので肌に負担をかけることがありません。また、肌を守るための保湿成分であったり、マッサージクリームとしても併用ができるなど、単なるクレンジングにとどまらない機能性も兼ね備えているというメリットがあります。
そんなクレンジングクリームにも、デメリットがあります。肌への負担を考えて作られているため、クレンジングの力としては他の種類よりも劣る一面があります。マスカラやアイライン、口紅などのポイントメイクになると、クレンジングクリームだけでしっかりと落とすのは難しいので、ポイント落としとのダブル使いが必要になってしまいます。また、使用感がべたつくというのも、不快に感じて避けられることもあります。"